タイムレコーダーのメリットとは?

勤怠管理が容易になる

クラウド型のタイムレコーダーを使うことには、さまざまなメリットがあります。まず、スマホやパソコンを使ってどこからでも打刻できることです。時短やフレックス制など勤務体系は広がりをみせていますが、業種や職種によってはほとんど会社にいない社員も多くなっています。このような場合でもスマートフォンなどで打刻すれば、社内にあるタイムレコーダーを通さなくても位置情報サービスなどと連動して、勤怠管理ができます。
管理者画面を確認すればリアルタイムで社員の情報を確認できることも魅力です。さらに、セキュリティ面でもクラウドは優れているため、安心して使い続けることができます。このように、勤怠管理が便利なだけでなく、安全なのがクラウド型のタイムレコーダーです。

コストをかけずに作業も効率化できる

勤務体系が柔軟である会社は社員にとって魅力ですが、管理している側は作業が煩雑になることがあります。このようなケースでも、クラウド型のタイムレコーダーは最適です。特に残業時間は計算が大変ですが社員の有給残日数を知らせてくれて、残業の上限などを警告するサービスがあります。一人ひとりに知らせる手間が省けるので、より効率的な作業が可能です。
このようなクラウド型のタイムレコーダーは導入しやすく、運用費用があまりかからないことが大きなメリットです。システムの運用やサーバーの管理などが必要なく、最新版にアップデートするのも簡単なのでコストを抑えられます。無料で始められるサービスもあるので、探してみましょう。