クラウド使用の退勤管理とはどんなもの?

外出先からも打刻可能!クラウド型勤怠管理システムのメリット

勤怠管理システムはタイムレコーダーとコンピューターを連動することで、簡単で確実な勤怠管理を実現するものです。これまでは自社サーバーにシステムを置くオンプレミス型が一般的でしたが、近年クラウド型のシステムを提供する業者が出てきており非常に注目を集めています。クラウド型の勤怠管理システムは、自社にサーバーやデータを置くことなく、インターネット経由で利用する形態です。パッケージ化されたシステムを料金を支払って使用することになり、初期費用が大幅に圧縮でき開発時間もかかりません。

クラウド型のメリットの1つとして、外出先からも簡単に打刻できることが挙げられます。外を回っていることの多い営業職や、現場作業員、出張時などでもスマホやタブレットを使って外出先から簡単に打刻することが出来るのです。ICカードや指紋認証、GPSデータを活用すれば不正打刻を防ぐことも出来ます。

クラウド型の勤怠管理システムはどんな企業に向いているのか

クラウド型の勤怠管理システムは、打刻者の数が増えるほど費用が上がる特徴があります。労働者の規模が大きくなるに従って、オンプレミス型との費用差が小さくなっていきます。多人数の労働者を抱える企業では、オンプレミス型の方がコスト面では有利と言えるでしょう。ただしオンプレミス型では自社サーバーの用意や専用ソフトウェアの開発が必要で、初期費用や時間がかかることに注意が必要です。クラウド型ではデータをインターネット上に持つことなるため、セキュリティ面ではオンプレミス型に軍配が上がります。外部からの打刻者が多い企業ではクラウド型のメリットが効果を発揮します。特に初期費用や開発費用を抑えたいスタートアップ企業などでは、低コストで気軽に利用できるクラウド型の勤怠システムが有効と言えるでしょう。